和同開珎の価値と買取相場

価値が高い和同開珎は100万円近い金額で売る事ができる!

和同開珎は古銭の中でも有名な貨幣。

和同開珎は日本で初めての流通貨幣。和同開珎の歴史を探っていくと、708年8月に製造され、皇朝十二銭の1番目にあたる貨幣にになります。

和同開珎の特徴は円形方孔の形式で真ん中に正方形の穴が空いていて、和同開珎という4文字が書かれています。いかにも古銭という雰囲気を出していて、一目見ただけ和同開珎と判断する事ができるでしょう。

古銭の中では最も古い歴史を持っている和同開珎。当然、価値も高く、古銭コレクターや買取市場で高額で取引されることが多いです。

価値が高い和同開珎だと100万円近い金額で売る事ができる場合もあるので査定に出してみる価値は十分にありますよ。

もし、手元に和同開珎がある場合は高額買取を期待する事ができるので是非、古銭に詳しい専門査定員がいる古銭買取サイトに査定を依頼してその価値を確かめてほしいと思います。自分では想像していないくらいの買取金額を提示される可能性もありますよ。

ここでは和同開珎の価値と買取相場。そして、高く売るコツをご紹介しています。

高額買取を期待できる和同開珎って?

稀少価値が高い!書体に『跳ね』がある和同開珎

高額で売る事が聞きる和同開珎の特徴としてまず挙げられる事は書体が跳ねているもの

貨幣に書かれている和同開珎の4文字の書体に跳ねがあればその和同開珎は高額で売る事ができます。

和同開珎は当時5億枚製造されたと言われており、5億枚のほとんどの書体は『止め』になっており、『跳ね』が付いている和同開珎はわずか数十枚しか発見されていないんですね。

そのため希少価値は高く、100万円前後で取引されている事もあるので高額買取を期待していいと言えるでしょう。

【和同開珎の買取相場】
跳ね:5万円~1000万円
止め:1万円~5万円

このように和同開珎の買取の幅は広く、実際に査定に出してみないと明確な買取金額はわかりませんが、もしかすると高額で売る事ができる場合もあるので買取査定に出してみる価値は十分にありますよ。

保存状態でも和同開珎に買取金額は変わる!

これは和同開珎だけではなく、古銭の買取全てに言える事ですが、保存状態の良い、悪いでも買取金額は大きく変わってきます。

先ほど和同開珎の買取相場をご紹介しましたが、買取相場の幅が広いと感じられたと思います。それは保存状態の良い、悪いも関係しているんですね。

和同開珎は日本で初めての流通貨幣です。キレイな状態で残っている和同開珎はほぼありません。全ての貨幣にサビや汚れが付いていたりするため買取金額も様々なんですね。もし買い手が美品を求めているのであればサビや汚れが酷い和同開珎の買取金額は低くなってしまうことでしょう。

ですので、和同開珎を査定に出す時には買取の幅が広い古銭専門買取サイトに査定を依頼するようにしましょう。

古銭買取サイトについては下記で詳しくご紹介したいと思いますが、和同開珎のような価値が見分けづらい古銭は古銭に詳しい専門査定員がいる買取サイトに査定を依頼する事がベストです。

専門家の視点で買取査定をしてくれるのでその和同開珎に見合った買取金額を提示してくれますよ。

和同開珎を売る時におすすめの古銭買取サイトはココ!

古銭に詳しい専門査定員がいる古銭買取サイト

和同開珎を売る時や査定を依頼する時におすすめの古銭買取サイトとしてご紹介したいのが、

⇒買取りプレミアム
⇒スピード買取.jp

この2つの買取サイト。

いずれも古銭の買取実績を豊富に持っていますし、古銭に詳しい専門査定員も在籍しています。

価値が見分けにくい和同開珎ですが、しっかり価値を見分け、和同開珎の価値に見合った買取金額を提示してくれるので安心して和同開珎を買取査定に出す事ができますよ。

買取プレミアム、スピード買取.jp、共に査定料は無料ですし、提示された査定額に納得ができない場合は買取をキャンセルすることもできます。もちろん、キャンセル料も取られません。

お金をかけないで和同開珎の価値を確認する事ができるので是非、上記でご紹介した2つの買取サイトを利用して和同開珎の価値を確かめてほしいと思います。