寛永通宝の価値と買取相場

希少な寛永通宝だと10万円を超える事も!

ここでは寛永通宝の価値と買取相場、そして、高く売るコツをご紹介したいと思います。

江戸時代初期から明治初期までの約240年間に渡って使用されていた通貨『寛永通宝』。

寛永通宝とひとことで言っても、この240年間に製造された寛永通宝の種類はなんと約1,000種類。製造枚数は約200~300億枚になり、現在も約100億枚が残っていると言われています。

様々な種類があるという事で寛永通宝の価値も様々で、価値が低いものだと50円程度、価値が高いものだと1枚10,000円を超えるものもありますし、希少な寛永通宝になると10万円を超える金額で買取をしてくれる買取サイトもあります。

寛永通宝は江戸時代の古い通貨。高い価値が付いている可能性があるので一度、買取査定を依頼してその価値を確かめてほしいと思います。

寛永通宝の買取相場ってどのくらい?

先ほども述べましたが、寛永通宝とひとことで言ってもその種類は約1,000種類もあります。

全ての寛永通宝についてここではご紹介できませんので買取市場で人気のある寛永通宝と価値が高い寛永通宝をピックアップしてご紹介したいと思います。

人気のある寛永通宝の買取相場

下野国足尾銭(新寛永)

買取相場:500円前後

銅の産出量が減少し始めた寛保元年。困窮した足尾銅山を救済するために鋳造されたとされる寛永通宝が下野国足尾銭。

背面に『足』と書かれているのが特徴で足字銭とも呼ばれています。

また、下野国足尾銭は大きさにばらつきがあり、大きなものであれば高値で売る事ができる可能性があります。

正字背文(新寛永)

買取相場:500円前後

寛文8年に亀戸で発行された1文銭が正字背文。

無地であるはずの背に『文』という文字が書かれているのが特徴で、一般的に文銭と呼ばれています。

古銭コレクターの中では人気が高く、買取市場でも価値が高い寛永通宝として扱われています。

小梅銭(新寛永)

買取相場:1,000円前後

元文2年から、江戸の本所小梅村で鋳造されていた寛永通宝が小梅銭。

小型で軽く、背面に『小』の文字が書かれていることが特徴です。

浅草銭(古寛永)

買取相場:1,000円前後

寛永13年、浅草橋場に銭座が設置されてから鋳造されるようになった寛永通宝が浅草銭。

浅草銭は寛永通宝の中でも特に書体が多く、1枚ごとに書体が異なっていると言われています。素人が判断する事は難しく、その価値を見極めるのも難しいです。

二水永(古寛永)

買取相場:30,000円前後

二水永は江戸時代に広く流通した寛永通宝になり、稀少価値はそこまで高くはありませんが、高額買取を期待することができます。

表面には漢字の『二』と『水』の字を組み合わせたようにな『永』の字が刻まれており、これから二水永の名が付いたと言われており、裏面には鋳造年の寛永三年の『三』を意味する文字が書かれています。

価値が高い寛永通宝の買取相場

価値が高い寛永通宝の買取金額はなんと10万円以上のものが多く、中には30万円前後で売る事ができる寛永通宝もあります。

ざっとではありますが、以下に価値が高い寛永通宝をピックアップしてみました。

【背広佐(せびろさ)】
買取相場:35万円前後

【島屋文(しまやぶん)】
買取相場:30万円前後

【日光御用銭(にっこうごようせん)】
買取相場:25万円前後

【退点文(たいてんぶん)】
買取相場:18万円前後

【正字入文(せいじいりぶん)】
買取相場:15万円前後

寛永通宝の買取は古銭専門買取サイトに依頼することは必須!

寛永通宝の価値をしっかり見極め、価値に見合った金額で寛永通宝を売ることができる!

上記で寛永通宝の買取相場をご紹介してきましたが、これは悪までも買取相場です。

寛永通宝の種類は実に様々ですし、書体が違う事も。寛永通宝1枚1枚によって価値が異なる事もあるので素人には絶対に寛永通宝の価値を見極める事はできません。

ですので、買取に出す時や価値を調べた時は専門家に見てもらう事が必須

古銭専門の買取サイトには古銭に関する専門的な知識を持った査定員がいるので寛永通宝の価値をしっかり見極めてくれます。

専門査定員がいる古銭専門買取サイトはこちら!

寛永通宝の価値に見合った金額で寛永通宝を売る事ができるので寛永通宝を買取に出す場合は必ず古銭専門の買取サイトを利用するようにしましょう。