ギザ10は本当に価値が高いのか?ギザ10の買取相場

ギザ10はどのくらい価値が高い硬貨なのか?

縁の部分がギザギザになっている10円硬貨、ギザ10。以前、話題になって財布の中にギザ10がないか探した経験がある方も多いのではないでしょうか。

ギザ10は希少な10円硬貨という事もあって額面以上のプレミア価格がついていると聞いた方も少なくはないと思いますが、ギザ10には本当にプレミア価格がついて付いているのでしょうか。

ここではギザ10の価値について、ギザ10の買取相場についてご紹介しています。

ギザ10ってどんな10円硬貨なのか?

ギザ10は1951年(昭和26年)~1958年(昭和33年)の期間に製造されていた10円硬貨。当時、10円は高額だったため偽造防止のために縁をギザギザにしていたと言われています。

しかし、1958年以降、10円の価値は下がり、100円硬貨、500円硬貨の誕生もあって10円のギザギザはなくなりました。

ギザ10の価値と買取相場

製造年月が7年という短いギザ10は今では希少な10円硬貨です。

特に昭和32年と昭和33年に製造されたギザ10は買取市場では重宝されており、古銭コレクターの間でも価値が高い10円硬貨だと言われています。

なぜ昭和32年と昭和33年のギザ10に高い価値が付いているのかというと、それは製造枚数が少ないからです。

昭和29年に製造されたギザ10は520,900,000枚に対して昭和32年に製造されたギザ10は25,000,000枚になるんですね。約25分の1です。

もともと古いギザ10ですから、製造枚数が少ない昭和32年と昭和33年のギザ10は今では希少な10円硬貨になっている訳です。

気になるギザ10の買取相場は、昭和32年と昭和33年のギザ10で100円前後。額面の10倍の金額で売る事ができます。未使用ならさらに高い買取相場になり、5万円前後で買取をしてくれる古銭買取サイトもあります。

先ほども述べましたが、ギザ10は昔の10円硬貨です。未使用で保存されている可能性は極めて低いです。しかし、もし未使用で保存されている場合はすぐに古銭買取サイトに査定を依頼してその価値を確かめてみましょう。

10円がもしかすると5万円で売れる可能性がありますよ。

ギザ10を売るなら古銭買取サイトがおすすめ!

中古市場の需要が高くなっている現在、様々な買取サイトが誕生しています。その中には古銭を専門的に買取をしている買取サイトもあり、ギザ10といった古銭は古銭買取サイトに買取をしてもらうのが一番です。

一般的な買取サイトと違って古銭に詳しい専門査定員もいるのでギザ10の価値に見合った金額でギザ10を売る事ができますよ。

古銭を専門的に扱っている古銭買取サイトとしてご紹介したいのが、

⇒買取りプレミアム
⇒スピード買取.jp

この2つの買取サイト。いずれも古銭の買取実績を豊富に持っており、その実績は業界でもトップクラスです。

古銭の専門的な知識を持った専門査定員が査定をしてくれるので安心して買取査定を依頼する事ができますし、しっかり古銭の価値に見合った買取金額を提示してくれます。

また、この2つの買取サイトは出張買取や宅配買取にも対応しているので手間なく簡単に古銭を売る事も可能です。

現在、ギザ10をお持ちの方、ギザ10の売却を検討されている方には上記でご紹介した買取プレミアム、スピード買取.jpはおすすめできる古銭買取サイトになるので是非、この2つの古銭買取サイトを利用してギザ10を売却してほしいと思います。