聖徳太子5000円札の価値と買取相場

聖徳太子5000円札の売却を検討されている方へ

古銭ブームが再びよみがえり始めている現在。昔のお金を集めている古銭コレクターも増えてきています。また、古銭を買取している買取業者も数多く誕生しており、古銭を売るなら今がチャンスだと言えるでしょう。

現在、古銭の売却を検討している方や古銭を売りたいという方には是非、古銭の買取を専門的に行なっている買取業者に古銭を売ってほしいと思います。

ここでは古銭の中でも有名な聖徳太子5000円札についてご紹介しています。聖徳太子5000円札がどのような紙幣なのか、そして、買取相場や価値についてもご紹介しているので聖徳太子5000円札の売却を検討されている方の参考になればと思います。

聖徳太子5000円札ってどんな紙幣?

聖徳太子5000円札は1957年(昭和32年)~1986年(昭和61年)に発行された紙幣。日本で初めての5000円札になります。

聖徳太子と言えば、誰もが名をしる人物。5000円札以外にも100円札、1000円札、10000円札にも絵柄として採用されており、5000円札と10000円札はほとんど同じ時期に発行されているんですね。

1986年(昭和61年)に支払いが停止されて以来、現在の紙幣(1000円札、2000円札、5000円札、10000万円札)には聖徳太子は使用されておらず、聖徳太子の紙幣ならすぐに古銭、古紙幣と判断する事ができます。

聖徳太子5000円札の価値と買取相場

今ではほとんど出回っていない聖徳太子5000円札ですが、実はそこまでの価値は付いていません。額面と同じ価値になる事がほとんどです。保存状態が悪い聖徳太子5000円札ですと5000円以下の価値になってしまうことも。

しかし、だからといって売るのを諦めたり、銀行で両替してはいけません。

古銭や古紙幣の価値は素人にはすぐ見極められるものではありません。額面と同じ価値しかない聖徳太子5000円札でもある条件で額面以上の価値(プレミア価格)が付く場合があるんですね。

プレミア価格が付いている聖徳太子5000円札ってどんなもの?

プレミア価格が付いている聖徳太子5000円札は以下の紙幣。

・未使用、ピン札(保存状態の良い紙幣)
・一桁ナンバー(お札に記載されている頭のアルファベットが一桁の紙幣)
・紙幣番号(ゾロ目、キリ番、階段番号、サンドイッチ番号など珍しい番号)
・プリントミス(印刷ミスがある紙幣)

これらの条件に当てはまる聖徳太子5000円札は額面以上の価値が付いている可能性が高いです。

しかし、先ほどもの述べましたが、自分で古銭や古紙幣の価値を見極めるのは難しいですので一度、専門家に見てもらってその価値を確かめる事がおすすめです。

以下でご紹介する2つの買取サイトには古銭に関する専門的な査定員がいますので聖徳太子5000円札の価値をしっかり見極める事ができ、価値に見合った金額で聖徳太子5000円札を売る事ができます。

⇒買取りプレミアム
⇒スピード買取.jp

プリントミスなどは素人が見てもわからない事が多いので自分で判断せずに一度、古銭に関する専門的な知識を持った査定員に見てもらうようにしましょう。

先ほどご紹介した2つの買取サイトは査定料は無料ですし、出張買取(無料)にも対応しています。お金を一切かけないで聖徳太子5000円札の価値を確かめる事ができるので現在、聖徳太子5000円札の売却をお考えの方には是非、買取プレミアム、スピード買取.jpを利用して聖徳太子5000円札の価値を確認してほしいと思います。

そして、もし額面以上の価値があった場合は買取を依頼してみてください。