500円札の価値と買取相場

今ではほとんど見る事ができない500円札。その価値はどのくらい!?

500円硬貨。今は硬貨として当たり前に存在しますが、実は一昔前はお札だったんですね。昭和の半ばまでお札として使われていて今ではほとんど見る事ができない古銭になっています。

『ほとんど見る事ができない』という事は価値が高く、高く売る事ができるのでは?と思われている人も多いと思います。

もし、自宅に500円札が眠っているという人はすぐに買取査定を依頼してその価値を確かめてみるといいでしょう。

500円札の中にはプレミア価格が付いているものもあるので、もしかすると自分が想像している以上の買取金額が付く可能性がありますよ。

500円札にはB号券とC号券の2種類がある!

500円札にはB号券とC号券の2種類があります。

B号券は1951年(昭和26年)に発行が開始され、1971年(昭和46年)に支払停止。C号券は1969年(昭和44年)に発行が開始され、1994年(平成6年)に支払停止となりました。

どちらも岩倉具視と富士山が原画になっているのですがB号券とC号券ではデザインが大きく異なります。

500円札 B号券

500円札 C号券

プレミア価格が付く500円札の特徴!

エラープリント500円札

エラープリント500円札とは印刷のエラーやミスがある500円札です。

印刷がズレている、滲んでいる、欠損がある、液ダレがある、文字の太さが違うなど、エラーやミスがある500円札にはプレミア価格が付く可能性が高いです。

ものによっては額面の10~150倍程度の買取り金額が付く500円札もあり、エラープリントの500円札には高額買取りを期待する事ができます。

福耳つき500円札

福耳つき500円札もエラープリント500円札と同様に製造時のエラーによって製造される500円札。

紙幣の4つ角のいずれかに余計な紙片がついている500円札が福耳つき500円札と呼ばれ、買取金額もいっきに跳ね上がります。

この福耳500円札は非常に稀少なものになり、50万円の買取金額ついた例もあるくらいです。

通し番号が珍しい番号の500円札

紙幣には通し番号が必ず付いています。500円札にもこの通し番号はもちろん付いていて番号が珍しいものほどプレミア価格が付きやすいです。

例えば、「000001」というトップ番号と呼ばれる通し番号や「333333」などのゾロ目、「100000」などのキリ番、「123456」の階段番号、「122221」といったサンドイッチ番号。

通し番号の種類によって価値は違いますが、これらの通し番号が付いている500円札は額面以上の価値があり、高額買取を期待する事ができます。

AA券の500円札

AA券の500円札とは通し番号の末尾記号がどちらもAの500円札を指します。

AA券は最初に発行された500円札にしか付かない記番号になり、希少価値が高い500円札になります。

もちろん、高額買取も期待する事ができ、100万円以上の買取金額が付く可能性もあるくらいです。