古銭買取 種類別 買取相場 記事一覧

穴銭の買取相場
穴銭は今でこそ5円玉や50円玉しかありませんが、昔は多くの穴銭があったんですね。有名な穴銭では「寛永通宝」や「和同開称」。よく時代劇などで目にするお金ですね。それだけ昔から穴銭は存在していました。
小判の買取相場
江戸時代に流通した小判。今の時代、小判を持っている人は非常に少なく、それだけ希少価値が高く、買取市場でも高額で取引される事が多いものです。
記念硬貨の買取相場
様々な記念行事に発行される記念硬貨。五輪記念硬貨や万博記念硬貨、天皇陛下御位記念硬貨など様々な記念硬貨が存在し、通常の硬貨よりも価値が高いです。
500円札の価値と買取相場
自宅に500円札が眠っているという人はすぐに買取査定を依頼してその価値を確かめてみるといいでしょう。500円札の中にはプレミア価格が付いているものもあるので、もしかすると自分が想像している以上の買取金額が付く可能性がありますよ。
100円札(板垣退助)の価値と買取相場
ここでは100円札(板垣退助)の価値と買取相場についてご紹介しています。100円札には他にも大黒天や聖徳太子の100円札もありますが、ここでは板垣退助100円札にクローズアップして紹介したいと思います。現在、東京で古銭の売却をお考えの方の参考にして頂きたいと思います。
聖徳太子5000円札の価値と買取相場
ここでは古銭の中でも有名な聖徳太子5000円札についてご紹介しています。聖徳太子5000円札がどのような紙幣なのか、そして、買取相場や価値についてもご紹介しているので聖徳太子5000円札の売却を検討されている方の参考になればと思います。
ギザ10は本当に価値が高いのか?ギザ10の買取相場
縁の部分がギザギザになっている10円硬貨、ギザ10。以前、話題になって財布の中にギザ10がないか探した経験がある方も多いのではないでしょうか。ギザ10は希少な10円硬貨という事もあって額面以上のプレミア価格がついていると聞いた方も少なくはないと思いますが、ギザ10には本当にプレミア価格がついて付いているのでしょうか。
5000円硬貨はいくらで売れる?買取相場と高く売るポイント
現在、様々な記念硬貨が存在します。ここでは記念硬貨のひとつ5000円硬貨についてご紹介したいと思います。5000円硬貨の種類や買取相場、高く売るコツをご紹介しているので5000円硬貨の売却を検討されている方の参考になればと思います。
寛永通宝の価値と買取相場
ここでは寛永通宝の価値と買取相場、そして、高く売るコツをご紹介したいと思います。寛永通宝の価値は様々で、価値が低いものだと50円程度、価値が高いものだと1枚10,000円を超えるものもありますし、希少な寛永通宝になると10万円を超える金額で買取をしてくれる買取サイトもあります。
天保通宝の価値と買取相場
天保通宝は慢性的な貨幣不足を解消するために、これまで使われていた寛永通宝とは別に誕生した貨幣になり、天保通宝1枚で寛永通宝100枚分になります。天保通宝の特徴として挙げられることは、形が小判型という事。寛永通宝と違って、円ではなく、小判形型になって文字も縦に『天保通宝』と書かれています。
和同開珎の価値と買取相場
和同開珎は古銭の中でも有名な貨幣。和同開珎は日本で初めての流通貨幣。和同開珎の歴史を探っていくと、708年8月に製造され、皇朝十二銭の1番目にあたる貨幣にになります。和同開珎の特徴は円形方孔の形式で真ん中に正方形の穴が空いていて、和同開珎という4文字が書かれています。いかにも古銭という雰囲気を出していて、一目見ただけ和同開珎と判断する事ができるでしょう。