古銭・記念硬貨の正しい保管方法

コレクターが実践している古銭・記念硬貨の保管方法

古銭や記念硬貨を売る時、状態はとても重要になります。

状態の良い、悪いでも買取金額は大きく変わってきます。もちろん、状態が良い古銭や記念硬貨、未使用の古銭や記念硬貨はプラスの評価になり高額買取を期待する事ができますが、状態が悪いとマイナス評価になってしまい買取金額は下がってしまいます。

価値が高い古銭や記念硬貨も状態が悪いと買取相場よりも安く買取られてしまう恐れがあるので保管方法には気を付けほしいと思います。

古銭や記念硬貨を高く売るためにも、古銭や記念硬貨の正しい保管方法を頭に入れておくことも必要です。

ここでは実際にコレクターが実践している古銭・記念硬貨の保管方法をご紹介しているので是非、参考にして頂きたいと思います。

コインホルダーに入れて保管

コレクターの多くがコインホルダーに古銭や記念硬貨を入れて保管をしています。

保護材を二つ折りにして古銭をはさみ、ホッチキスで止めるタイプが一般的なコインホルダー。シールで張り付けるタイプもあります。

コインホルダーは種類も豊富で値段もそこそこなので利用しやすいですし、ネットでも販売されているので簡単に購入することもできます。

コイン専用のアルバムに入れて保管

多くの古銭や記念硬貨を持っているコレクターに愛用されているのがコイン専用のアルバム。

コインホルダーよりも多くの古銭、記念硬貨を入れる事ができ、保管もしやすく、古銭や記念硬貨の保管にはオススメの方法です。

コインホルダーと同様に様々な種類があり、求めやすい価格で購入することもできます。

コイン専用のカプセルに入れて保管

コインの保管方法はコインホルダーやコインアルバム以外にも、コイン専用のカプセルに入れて保管をするという方法もあります。

コインのサイズに合った様々なサイズのカプセルがあります。古銭や記念硬貨にピッタリのサイズのカプセルに入れる事で大切に保管をする事ができます。

保管する古銭や記念硬貨の数が少ないという方やコレクター初心者の方におすすめの保管方法です。

保管状態が悪いと古銭・記念硬貨の価値はいっきに下がります!

冒頭でも述べましたが、古銭や記念硬貨は状態が悪いと価値も下がってしまい、買取金額も下がってしまいます。

上記でご紹介したコインホルダーやコインアルバム、コインカプセルを使用しないでそのまま放置していたり、しまっているとホコリなども付きますし、空気に触れる事で酸化し、サビなどの原因にもなってしまいます。

汚れやサビが付いている状態で買取査定に出すと、古銭や記念硬貨が本来持っている価値に見合った金額で売れない可能性が高いので古銭や記念硬貨は日頃から大切に保管しておくことが必要です。

古銭や記念硬貨は洗ったり、磨いたりするのは厳禁!

古銭や記念硬貨の汚れや劣化が酷いからといって洗ったり、磨いたりしてはいけません。

先ほど古銭や記念硬貨は状態がキレイならプラス評価になり買取金額もアップすると言いましたが、必要以上に洗浄をしたり、磨きをかけてしまうと損傷、摩耗の原因になり、古銭や記念硬貨の価値は余計に下がってしまいます。最悪の場合は買取不可と判断され、売り物にならなくなってしまう事も。

もし汚れが酷くて、キレイにしたいのであればコイン専用のクリーナーを使うようにしましょう。そして、必要以上に洗浄しない、磨かない、という事もしっかり頭に入れておいてください。