高額買取が期待できる古銭・古紙幣

古銭や古紙幣とひとことで言ってもたくさんの種類があります。

どの古銭・古紙幣も高く売れる訳ではなく、高額で売れる古銭・古紙幣は本当に価値の高いものだけになります。

では、どのような古銭・古紙幣が高額で取り引きされているのでしょうか。

ここでは高額査定を期待する事ができる古銭・古紙幣をご紹介しています。

どんな古銭・古紙幣が高く売れるの?

年代が古い古銭・古紙幣

古い古銭・古紙幣ほど高い価値がつく傾向にあります。

歴史が古いお金だと流通量も少なく、稀少性も高いです。保存状態が良ければ高い確率で高額査定を期待する事ができ、数万円、数十万円という高額で取引される事もあります。

保存状態が良い古銭・古紙幣

古銭の買取査定では古銭の状態は必ずチェックされます。もちろん、傷ひとつついていない古銭や古紙幣は高く評価され、その分高額査定を期待する事ができるでしょう。

価値の高い古銭の中には保存状態が悪くても高く買取してくれる場合もありますが、保存状態が良い方が高額で引き取られる傾向があります。

稀少性が高い古銭・古紙幣

上記で古い古銭や古紙幣、保存状態が良い古銭や古紙幣が高額買取を期待できるとご紹介してきましたが、古銭や古紙幣の価値の決めてで最も大きなものが希少性です。

古銭や古紙幣だけに限らずなんでもそうですが稀少価値が高いものほど高く取引されますよね。

古銭や古紙幣の中にも希少価値が高いものがあり、その代表的なものが江戸時代のお金であった小判が大判、穴銭です。小判が大判、穴銭にはプレミアがついている事が多く高額で取引される可能性は高いです。

高額で売れる古銭・古紙幣ってなに?

上記でご紹介してきたように発行年が古い古銭や古紙幣、稀少な古銭、古紙幣ほど高い価値がつく傾向にあります。

また、印刷工場や発行番号も査定には大きく関係してきます。

価値が高ければ高いほど、高額で売れる可能性は高く、額面以上の金額で売る事ができる可能性があるんですね。

価値が高く高額で売れる古銭・古紙幣

・50銭紙幣(板垣退助)
・100円紙幣(板垣退助)
・千円紙幣(伊藤博文)
・10円紙幣(和気清麻呂)
・5円紙幣(武内宿禰)
・1円紙幣(神功皇后)
・5円紙幣(明治通宝)
・千円紙幣(大和武尊)
・5円紙幣(分銅)
・10円紙幣(表猪)
・半銭銅貨
・和同開珎
・5銭アルミ青銅貨
・稲5銭白銅貨
・寛永通宝
・天保通宝
・元文小判金
・万延大判金

などの古銭・古紙幣には高い価値がついています。

日本の古銭や古紙幣以外にもアメリカやイギリス、韓国といった海外の古銭の中にも高い価値がついているものあります。